前橋市で唯一医療関係者も認めた整体院です。

いずみ整体院


坐骨神経痛について

坐骨神経に何らかの理由で痛みが伴う症状「坐骨神経痛」

6f1e770744a76e739e4ab1fedc63a4cc_ls.jpg
お尻から足先までの脚の後面に痛み、シビレが出ると坐骨神経痛と判断されます。
 
これは脳から出た脊髄神経が脊柱の中を通って体の各部位に分岐します。
 
腰椎や仙腸関節付近で一旦分岐した神経がおなか側で再合流します。
 
これを腰仙骨神経叢といいます。
 
再合流した神経がお尻側に出た神経を坐骨神経と言います。
 
坐骨の近くを通っているから坐骨神経と名がつけられたそうです。
 
この坐骨神経に何らからの理由で痛みが出ると坐骨神経痛と呼ばれます。

 

坐骨神経に痛みが伴うまで

852092d3992ebdf231d225c9aaab2d25_ls.jpg
坐骨神経は坐骨の近くから大腿の後面を神経の枝を出しながら、膝の裏、ふくらはぎから足の裏に走行しており、この坐骨神経に沿って痛みが出るのです。
 
そのため、お尻から大腿の後面に痛みが出るのが圧倒的に多く、悪くなると痛みの範囲が広がってふくらはぎにも痛みが出ます。
 
また、更に状態が悪化すると、足の裏までも痛み、シビレが出るようになります。
 
一般的に悪ければ悪いほど、痛みの度合いが強く、シビレの範囲が広くなり、足先まで行くと判断されます。

坐骨神経痛が発症すると以下のような症状が伴います。

 
  • 立って前に体を倒すと痛みが強くなります。
  • ビッコを引くようになります。
  • しゃがむと痛みが強くなります。
  • 踏ん張れなくなります。
  • 体を前に倒すと痛みが強くなります。
  • ものを持つ姿勢をすると痛みが強くなります。
  • あるいは車の運転をしていると腿の後ろ側に痛みシビレが出てきます。

病院で間違われやすい椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_ls.jpg
椎間板ヘルニアと坐骨神経痛はまぎわらしいのでレントゲン、CT、MRIで撮影されて椎間板ヘルニアと判断されたり、坐骨神経痛と判断されるケースが多いのが事実です。
 
この二つの違いが正しく判断できないと施術の結果に大きな違いが出てきます。
 
そのうえ個人個人の痛みのでかたの微妙な違いがあります。

 

ご安心下さい。いずみ整体院ではこの微妙な違いも正確に判断します。

いずみ整体院では、病院で間違われやすい椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の違いも、精度の高い原因特定力でしっかり判断することが出来ます。

症状をしっかり把握した上で適切な施術を行う必要があります。

いずみ整体院では以下のような流れで症状の解消を目指します。
 
1.最初に初回アンケートをお書きいただきます。
07157fbe5c2d22a9a9d32dbde56cf5c2_ls.jpg体の各部の痛み、しびれの状態を記して頂きます。




2.より詳細に状態を知るため、カウンセリングを行います。
cd725e1fc550104607f24f3b3dc82af2_s.jpgのサムネイル画像
書き込んでいただいたアンケートをもとにして、どこに、どのような痛みが出るかを詳細にカウンセリングさせていただきます。


 
3.実際に体の状態を見ていくため検査を行います。
af9940054482xs.jpg
カウセリングした体の状態を確認のため検査させて頂きます。
 
「整形外科検査法」を主として行います。痛み苦しみはありません。
 
検査の結果により、どこに、どのような、どんな施術を行うかを決定します。
 
4.あなたの状態に合わせて「ダメージコントロール法」で施術を行います。
d16ceb6fd786c9a8a26c0873f54b6202_ls.jpg
いずみ整体院独自の「ダメージコントロール法」は微妙な違いを判別できますから、個人個人の微妙な違いをオーダーメイドの施術で痛みが解消できるのです。


 
5.アフターケアとして日常生活の注意点をアドバイスします。
Fotolia_29719452_XSs.jpg
施術が終わりましたら、日常生活の注意をお話し、質問を伺います。

 

「ダメージコントロール法」で施術した結果はこのようになります。

  • どこに行っても良くならなかった大腿の後面にあった痛み、シビレが解消します。
  • 脚が軽くなります。
  • 脚が楽に前に出ます。
  • 歩幅が広くなります。
  • 歩く距離が長くなります。
  • 立ったり座ったりが楽になります。
  • 車の運転が長距離出来るようになります。
  • 前かがみが楽に出来るようになります。
  • 踏ん張れるようになります。

いずみ整体院のご案内

住      所:
〒371-0017
群馬県前橋市日吉町3-41-17
アクセス:
東部バイパス沿い
前橋駅より車で15分
お問い合わせ・ご予約
027-235-5383
営業時間:
9:00~12:00(最終受付11時半)
14:00~18:00(最終受付17時半)
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ