前橋市で唯一医療関係者も認めた整体院です。

いずみ整体院


腰の激痛で夫婦喧嘩

cfd73edd81afcf31fb2b5c37d58d2a7d_ss.jpg
30代の男性が奥さんに抱えられて、「うーうー」とうなりながら、奥さんの肩に手をかけて、すがるようにした状態で来ました。
 
腰は曲がり、見るからに歩くのもつらい、立っていられない感じです。
 
腰の激痛で歩くことが出来ないのです。

腰が抜けてしまっていたのです。

話を聞くと奥さんが何も入っていないごみ袋を持っていたのを取ろうとして、手を伸ばした瞬間に「ぎっく」と腰に電流のような激痛が走って「ボッキ」と音がして腰に力がなくなって、しゃがみこんで立てなくなったそうです。
 
施術が終わって痛みが改善されると男性は元気になって奥さんに怒り出したのです。

「俺がさっき腰が痛くなった時に、笑っていやがった、頭に来たけど痛くて怒れなかった。」と夫婦喧嘩が始まったのです。

「だって元気でいた人が、何も入っていないごみ袋をもった途端に痛いとしゃがみこんだのですもの、冗談だと思って、ゲラゲラ笑っちやったんです」

「腰が抜けて激痛で立てないで、しゃがみこんだのを笑っているから腹がたって腹が立って、、、」と男性。

この腰の激痛は経験していない方には理解できない激しい鋭い痛さなのです。

少しでも体を動かすと、針で刺すようなあまりにも激しい痛みが頭の先にまで届くような激痛が走り、腰に力が入らなくなって、腰が抜けて立っていられないのです。

ご主人にすると、少しでも体を動かすと頭に針を刺されたような鋭い激痛の上、体がおもうように動かせない、うごかすと激痛ですから、もどかしさと腰の激痛でイライラして喧嘩になったのです。
 
奥さんにすると無理もないのです。

ご自分では経験が無いからあまりにも急な変わりようと腰の激痛が理解できないのも、冗談だと思って笑ったのも、仕方がないことなのです。
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

いずみ整体院のご案内

住      所:
〒371-0017
群馬県前橋市日吉町3-41-17
アクセス:
東部バイパス沿い
前橋駅より車で15分
お問い合わせ・ご予約
027-235-5383
営業時間:
9:00~12:00(最終受付11時半)
14:00~18:00(最終受付17時半)
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ